Cafe

タコのまくらのこと


「タコのまくら」って?

 

「タコノマクラ」は海の生きもの。

丸くて平べったくって、表面にはお花の模様。とても不思議な形をしたウニの仲間。

その昔、この生き物を見つけた学者さんが「こいつはタコが枕として使うのにちょうどいい形をしとる」と面白がって名付けたという。

陽だまりでついついうたた寝してしまうような、ゆっくりのんびりできるカフェにしたい、そんな願いを込めて「タコのまくら」と名付けました。

 

「タコのまくら」では島で採れる季節の野菜や島の特産物である醤油やオリーブ、こだわりの素材を使ったおいしくて体にやさしい料理を提供します。

建物は大正時代に建てられた古民家をもとに自分たちでコツコツ改築して作りました。

木や漆喰など自然な素材に囲まれたホッとのんびりできる空間になっています。海に面した窓からは穏やかな瀬戸内海の景色を楽しむこともできますよ。

 

おいしいご飯やお茶をたのしみながら、のんびりまったりしに来てください。

ついついお昼寝したくなるような、そんなカフェです。

 

 

 

2015-04-05 | Posted in CafeNo Comments » 
Comment





Comment